アフィリエイトの実績は月収や金額でいくら稼いだらいいのか?
という疑問を持つ人は多いんじゃないでしょうか?

・情報発信したいけど、実績が無いから出来ない
・まだ実績が無いので、コンサル出来ません

といった悩みを持つ人が多いとおもいますが、
それらの悩みについて思うことがあります。

それは、「実績を月収の多さだけで見るべきではない」ということです。

この記事では、その理由について記載します。

アフィリエイトの実績を月収の金額だけで見るべきではない理由1

アフィリエイトの実績を月収の金額だけで判断するべきでは無い理由の1つ目は、「作業内容と作業環境が異なる」からです。

アフィリエイトを実践しているブログを見ると、いかにも胡散臭そうな(自分もやっている身ですが笑)キャッチコピーを多く目にします。

・会社員が1日1時間の作業で月収1万
・主婦が家事の空き時間の作業で月収50万
・コンビニアルバイトが3ヶ月で月収100万円
etc…

この3つだと、コンビニアルバイトが最も稼いでいることになりますが、
じゃあ、「コンビニアルバイトのノウハウが最も優れているのか?」というと答えはノーです。

確かに、金額だけで見るとコンビニアルバイトが稼いでいますし、キャッチーなのはわかります。
でも、やってるノウハウや1日に取れる作業環境が異なるので、同一直線上で比較するのは無理ということです。

稼いだ内容も、トレンドアフィリエイトなのか物販なのか、はたまた自己アフィリなのか。
自己アフィリで月収50万稼ぎました!と言われても継続性がありません。

また、「収入と作業量はある程度比例する」ので、1日に取れる作業時間も人によって異なる為、作業時間が多く取れる人が多く稼げるというのは自然なことです。

上の例で言うと、
・会社員が1日1時間の作業で月収1万
・コンビニアルバイトが3ヶ月で月収100万円
を比較した時に、

会社員は仕事が忙しくなかなか作業時間が取れない中、1日1時間の作業で月収1万稼いでいて、
コンビニアルバイトはアルバイト以外の時間をほぼアフィリエイトの時間に費やし、1日10時間作業していたとしたら、コンビニアルバイトが月収100万稼いだのも自然なことで、会社員よりすごい!というわけではないということです。

 

なので、作業内容と作業環境といった前提条件が違うので、実績を金額だけで比較してはいけないというのが理由の1つ目です。

アフィリエイトの実績を月収の金額だけで見るべきではない理由2

アフィリエイトの実績を月収の金額だけで見るべきではない理由の2つ目は、金額よりも「エッセンスやノウハウを抽出し、目の前の課題を解決する方法論を考えられるか」が重要だからです。

最も言いたいのはこれです。

いくら稼いだという実績は、過去の1地点に過ぎません。
たまたま稼げた可能性もありますし、その分野だけで通用するノウハウで、他の分野では全く役に立たないスキルかもしれません。

それよりも、稼いだ実績の大小関係なく、「ネットで稼ぐという本質を理解し、他の分野に応用して成果を出す」方が何倍も価値があると思います。

僕がプロフィールに書いている「副業で収入とスキルを身につけ、会社でも応用し成果を残す」という部分に通じる部分になります。

自分の例になりますが、普段会社員として法人営業をしていてHPを触るといったことは全くしていませんでしたが、アフィリエイトで稼いだノウハウを会社で実践し、年に1〜2件くらいしか問い合わせが無かったものを、月3〜4件くらいまでHPから仕事の依頼を増やすことが出来ました。

それはアフィリエイトの「ネットで集客する」というエッセンスやノウハウを抽出し、自分の会社で応用した結果だと思います。

もちろん自分の力なんてまだまだですし、もっと成長してもっとHPからの問い合わせ件数も増やしていきたいと思っています。

対面での営業スキルだけで無く、オンラインでも仕事を取るスキルは間違い無く需要がありますし、そういうスキルを持っている人が今後は重宝されていくのではないかと思います。

なので、アフィリエイトの実績は単純に金額の多さだけで見るものではないです。

 

アフィリエイトの実績はいくら稼いでいたらいいのか?

とは言え、全く稼いでいないというのも如何なものかと思うので、どれくらい稼いでいたらいいかについて自分の意見ですが、「月収1万円〜3万円」くらいです。

理由は何個かありますが、まず1つ目がアフィリエイトマーケティング協会の調査によると、2018年の調査では月収1万円未満の人が全体の半分くらいを占めています。
URL:http://affiliate-marketing.jp/release/201806.pdf

なので、1万円以上あれば「稼いでいる部類」に属することが出来ます。

稼いでいる部類であれば教えるに値すると思います。

 

もう1点は、1万円稼ぐのに必要なアクセス数です。

グーグルアドセンスのみで稼ぐ場合、一般的にクリック単価20〜30円、クリック率1〜1.3%くらいなので、悪い条件で見てクリック単価20円、クリック率1%とすると、1万円稼ぐにはアクセス数は50,000PV/月必要になります。

この50,000PVですが、普通の企業で月に50,000PV集めているところは中々ありません。

アパレルなどのようにWEB上で物販をしているところはPV数も多いとおもいますが、中小企業やニッチな分野の企業だと月間でも数百PVのところも多いのではないでしょうか。

そういう意味でも、月1万円以上稼いでいたら実績としてはアリかと思います。

このブログを書いている時点でまだ僕は1万円に達していませんが、必ず達成させます。

 

まとめ

実績を月収の多さだけで見るべきではないということについて記載しました。

皆さんはどう思いますか?

ご意見お待ちしています。